本文へ移動

法人理念

ごあいさつ

社会福祉法人慈楽福祉会は、昭和49年(1974年)1月以来、地域の皆様に支えられ、地域と共に、「人を大切にし、心穏やかに楽しい暮らしをお手伝いさせていただく」ことを理念としてまい進して参りました。お客様の生活を応援させて戴くための、多くのサービスもご用意いたしておりますが、公的制度だけでは大安心・大満足とまではいきません。一つ一つの専門的サービスが良いのは当たり前で、その傍らに、人の心が優しい、楽しみな食事が美味しい、落ち着いた環境があること等が、「あんしん・まんぞく」を大きくするのではないかとの思いであります。このホームページから皆様とご縁をいただくことができましたらとてもうれしく思います。と共に、ご意見など頂きましたら幸甚に存じます。
 
                   理事長 霊岳 文悠

理念

慈・楽の心
「慈」とは慶ぶ、愛する、大切にする
「楽」とは、心身が安らかで楽しい
 
職員行動理念
さわやかに
さりげなく
しっとりと
 
接遇マナー
さわやかな笑顔
心のこもった挨拶
慈しみの心と感謝

ロゴに込めた思い

 
創立以来、大切にしてきた人と人の繋がりや地域との関係性・人と人が手を取り合い未来へとつながっていく様子を慈楽福祉会の頭文字" J "に準えて表現しました。
 
また法人理念である『慈・楽の心』をマークに込めました。
“「慈」とは慶ぶ、愛する、大切にする” を温かみのある赤色、
“「楽」とは心身が安らかで楽しい”は穏やかなベージュで表現しています。

基本方針

令和2年(2020)基本方針
テーマは、"組織力"です。
 
 組織とは、ある目的を達成するために分化した役割を持つ個人や下位集団から構成される集団と考えます。
ある目的とは、経営理念であり企業経営における基本的な価値観・精神・信念あるいは行動基準を表明したものであります。
目的を達成するためには、法人理念→基本方針→事業計画→重点計画→評価となるような組織作りを数年かけて再構築していき、組織運営を迅速かつ効率的に行えるような組織構成の見直しを行うことで組織力の向上を目指します。
 これからの課題は人材不足ではなく、人が集まる環境をどのように作っていくかにかかっています。
「魅力ある職場・やりがいのある職場・働きやすい職場」を具体的に構築していき人が集まる環境を作ることが重要です。
 
・魅力ある職場にするために
これからの”じらく”の未来を見据えHP・ロゴマークの変更を行い、より法人の強み・情報を外部に発信しブランド力の強化を図ります。また各サービスごとに魅力を見出すよう取り組みます。
 
・やりがいのある職場にするために
今年度から発足する「ケア向上委員会」にて介護技術・指導力の向上、また多職種連携を念頭に置き介護職の専門性の向上、さらにケアに対する考え方、基本技術の統一の定着を図り、後にこれが「じらくの魅力」になるよう取り組みます。
 
・働きやすい職場にするために
お客様の目線に立っている現場職員の意見を常に集約しサービスの向上のために風通しの良い職場作りを実践します。そして働きやすい職場作りのために現場における業務改善は引き続き現場単位で行っていき、IT・IoT化のための費用面やハード面での業務改善も法人として取り組みます。
 
 
今年度は外国人技能実習生の受け入れを行います。
今後は日本全体で外国人が増え続けていきグローバル社会になっていきます。
外国人を受け入れていかなければ社会福祉だけでなく日本全体に経済危機が訪れます。決して外国人は労働者ではなく、”じらく”が目指す理念の達成のための仲間として接します。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 082-893-6606
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る